スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
旅立ち編(4) お師匠様現る
2015年03月19日 (木) | 編集 |
「こんにちは」

そう打たれた文字が
私個人宛であるものに気が付くのに少し時間がかかりました

何度か広場への誤爆を繰り返し
その人との会話に成功しました

その人の言いたいことはこうです

「あんまりひどいので見かねました」
「自分でよければ槌の基本操作を教えます」

そうです
その方は先ほどのPTでムロフシプリンスに吹っ飛ばされた
方たちの中の一人だったのです

顔から火が出る思いでいると

その人も装備をハンマーへかえ密林の採取クエを貼りました

ハンマーの各動作と威力
立ち位置
やってはいけないこと
ハンマーのPTとしての役割を

ひとつひとつレクチャーして
私が実際にその動きができるまで辛抱強く見守りました

「じゃあ次は実践」

今度はその方はライトボウガンに持ち替えて
貼ったクエは密林下位のリオレイアです

「む!むりです!そもそも怖くて正面に立てません!」
「大丈夫だから」

半べそを書きながら
密林の海岸でリオレイアが移動してくるのを待ちました

やがて
バッサバッサと不気味な音とともにリオレイアが舞い降りてきました

ピカっ
その方の投げた閃光でリオレイアが目をつぶったかと思うと
すかさず麻痺弾で拘束します

「動かないから頭ねらって」
「は!はい!」

緊張してスカスカと当たりません

シビレが取れるころまた閃光
そして再び麻痺弾

やっとの思いでスタンをとると
「ナイス スタン」

と掛け声が入ります

結局そのリオレイアは一歩も動くことができず
その方のバールダオラの餌食となりました

その方が引退するまでの半年間
私はたくさんのクエに連れて行ってもらい
沢山のことをおそわりました

「すごい人がいるもんだな」
「いつか自分も強くなりたい」

そう願った気持ちは今でも忘れません

yjimageS3RTY396.jpg

yjimage638S73G8.jpg

いちポチお願いいたします


モンスターハンターフロンティア(MHF) ブログランキングへ

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。