スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
武器白書(6) パープルベアSP
2015年03月29日 (日) | 編集 |
    o0326043012220872072[1]

 <パープルベアSP>

一番最初に作ったSP武器です

「HRが100になったらまずSP武器を作りなさい」

周囲の人たちはみんな声をそろえて言っておりました

SP武器で剛種適性試験のクエにいき
剛種チケットを入手しないと
剛種のクエにいけなかったからです

「SP武器はちゃんとレベル7まで上げてから使用」
が当時の暗黙のルールでもあり

レベル5で担いでいたのを
しっかりステータスをみて確認していた
師匠にみつかり怒られました


同じ性能のギガインパクトSPも人気がありましたが
こちらのほうが好きだったので選択しました
(振り回すときゅきゅっと音がします♪)

剛種適性試験でやっと手に入れた
1枚の剛チケを握りしめ
同じHRの団員と砂漠の剛クシャに挑みました

閃光を投げたり
お互い粉じんを飲んだりして
激闘

やっと巣に戻ったところで
クシャが大暴れ

私の3乙目でクエが失敗したときは
本当に悔しくて申し訳ない気持ちでいっぱいでした

4e668a74[1]

いちポチお願いいたします


モンスターハンターフロンティア(MHF) ブログランキングへ
スポンサーサイト
クエ白書 公式狩猟試験
2015年03月29日 (日) | 編集 |
私がベルやキリンと格闘していた途中の話にはなりますが

HRが99となってしまいました

「今までの試験は手伝えたけど
HR100以降はソロでの試験なので
きちんと準備して自分でがんばるように」

師匠からはそう釘を刺されていました

試験のクリア方法は3つですね

①お金で解決
②なんだか怪しいにおいのする黒いお金で解決
③自力で頑張る

Zが圧倒的にいつも不足していた私は
強制的に③でしたが

それ以前にも

「下手だけど必ず試験はちゃんとやろう」

とだけは目標を立てていました


その当時は

育成クエの設定なし
みなもとなし
ブーストタイムなし

の条件でまったく普通のクエストの中から
該当するモンスターの狩猟を受注します


交流酒場で団のみんながいる時に

団「がんばって!」
声援を背中に聞きながら
下位の密林リオレイアへと出発しました


無事クエストを成功して帰還!!

団「おめでと~」

あ・・あれ?

なんか突破してない・・・

団「一人で行った?」
私「あっ ラスタいた」

2回目

あれ~@@?

団「ちゃんと受注した?」
私「あ!試験内容読んだだけでで
  試験の受注してない!!」

3回目

なんでええええ・・・(゚Д゚;)

団「も・・・・もしかして捕獲してない?」
私「・・・した」

まったく世話が焼けます
やっと4回目でクリア

ずっと待ってていてくれた団のみんなと
変種・剛種の世界へと行くことができるようになりました


ss_hrp[1]

いちポチお願いいたします


モンスターハンターフロンティア(MHF) ブログランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。